精力剤 | 医薬品と健康食品との違い

精力剤

中折れの商品を見ると

 

「精力剤」とか「医薬品」とか「健康食品」とか似たような言葉が出てきます。

 

何か違う感じだがどう区別したらいいのか。

 

 

そんな疑問を持ったことはないでしょうか?

 

 

この点をまとめてみました。

 

 

 

精力剤

 

 

中折れ色がつよい言葉ですよね。

 

私がイメージするのはスッポンですw

 

 

精力剤は医薬品と健康食品両方あるんです。

 

 

なので、

 

精力剤_____医薬品
     |
     |___健康食品(サプリメントも含まれます)

 

 

といった感じです。

 

ちょっと注意なのが、
この区別はあくまでも日本国内での話しということ。

 

アメリカだとサプリメントは食品とは区別しています。
調度食品と医薬品の中間的な扱いですね。

 

 

 

医薬品

特定の病気の治療用として、医師や薬剤師の処方が必要です。
用法や用量を守らないと、副作用を起こすことがあります。

 

健康な時に、風邪になるといけないからといって毎日風邪薬を飲むってしませんね。
でも毎朝サプリメントを飲んだりする方もいます。

 

以外にこういった使い分けを日常でしているんですね。

 

副作用というと怖いイメージが先行しますが、
身近な例だと風邪薬で眠くなる症状があります。

 

中折れ商品でいうならバイアグラのようなものは医薬品ですね。

 

健康食品

体の一部の栄養素で、継続的に口から体内に取り込む食べ物です。
副作用がなく、たくさん食べたからといって害はありません(食べすぎは注意ですが)

 

医薬品と違って薬事法で効果効能を表示することが禁止されています。

 

それでは全く効果がないかというとそうではなくて、
例えば体に良いといわれる代表選手に「納豆」があります。

 

納豆好きの人は毎朝のように納豆を食べますが、
納豆のパッケージに「これを食べると血液がサラサラになる効果があります」とは「書けない」ルールになっているんです。

 

でも体に良いのは多くの方が実感されていると思います。
(ちなみに私も大好きです。)

 

 

サプリメントは健康食品になります。
このサプリメントは、「補う」という英語から来ていますよ。

 

このサイトで紹介している商品(⇒中折れ対策グッズ)もこちらです。